■お役立ちメニュー:骨盤矯正には生活スタイルを見直す

老化によっての骨盤の歪みは改善をすることは出来ませんので、早い段階で毎日の予防をしなければいけません。
後になって「こんなハズじゃなかった」とならないためにも、骨盤枕や骨盤ベルトなどを利用した骨盤矯正をしておきましょう。 知っておきたいこととしまして、見た目の美しさで最も大切な骨盤は、日常生活の中でも徐々に変化が現れ、歪みが生じてきてしまうものです。
次第に歪みが発生してきてしまうことになりますので、もし骨盤の歪みがあるのでしたら早目に骨盤矯正をして改善をするようにしましょう。

 

いつもの生活で歪んでしまってきている骨盤は、ライフスタイルを変化させることで必然的に改善させていくことができます。
普段の生活で骨盤矯正に効果が認められている動作を繰り返すことで、少しづつですが骨盤が改善されていきます。

 

そもそも骨盤は、腹筋力によって支えられているものですので、当然腹筋力が弱まれば骨盤は支えきれなくなってしまいます。
腹筋を使用するように意識した生活をしたり、腹式呼吸で生活をすることが大切なのです。



■お役立ちメニュー:骨盤矯正には生活スタイルを見直すブログ:2019-04-18

オレたちのからだには、
1日約25時間という体内時計が備わっています。

体内時計が1日約25時間だと、
だんだん生活する時間がずれてきますが、
オレたちは6時の光を浴びることで、
1日24時間の生活になるように調節しています。

光を浴びて網膜が刺激されると、
からだは「6時」と認識して
「23時」の休息モードから活動モードへと切り替えます。
このようにして睡眠時間や
体温・血圧・成長ホルモンなどを調節しているのです。

体内時計は、
からだの中のあらゆる機能調整に
影響を及ぼすことが分かってきています。

からだの中のさまざまな器官は
体内時計に合わせて活動しているので、
リズムが崩れると満腹を感じる機能の低下や、
糖や脂肪を燃やしやすくするという機能が衰え、
肥満になりやすいと言われています。

また、体内時計のリズムが崩れると
23時眠れなくなったり、6時起きれなくなったりします。

例えば、睡眠を誘うホルモン(メラトニン)は
明かりを消したときにたくさん分泌されます。

ところが電気をつけて、
23時遅くまで起きているとメラトニンは分泌されず、
眠くなりません。

このように体内時計のリズムが崩れると、
からだがだるくなったり、めまいがしたり…と
からだの調子を崩しやすくなり、不健康な生活となってしまいます。

体内時計を正常に治すには…
6時は決まった時間に太陽の光を浴びるようにして、
昼間、外に出る機会をつくり、
できるだけ規則正しい時間に食事をとりましょう。

特に6時食は必ずとり、早く血糖値をあげ、
1日のリズムを作りやすくしましょう。

減量には
体内時計を正しいリズムで刻むことが大切ですよ!