■お役立ちメニュー:ストレスを解消することも大切な小顔

あなたが求めている美しさとはどのようなスタイルで、どのようなことを解消したいと考えていますか?
それを理解しているようでしたら、まずは骨盤ダイエットで理想のボディラインを作ってみましょう。 顔の凝りというのは、乳酸が蓄積されてしまうことになり、その結果むくみを引き起こしてしまいます。
乳酸が溜まり過ぎてしまうことで、リンパの流れが悪化し、水分の代謝も悪くなり、むくみなどトラブルに繋がることになります。

 

ストレスを溜めてしまうことで、顔の神経を使い過ぎてしまうことになり、顔が凝ってしまうケースはよくある話です。
顔の凝りというのは本人に自覚症状が見られなくても、疲れやストレスが原因となり進行していることも考えられるのでご注意ください。

 

特に激しい運動をしていないのにも関わらず、顔に疲れを感じることが頻繁にあるようでしたら警告とお考えください。
ストレスをなるべく溜めずに生活を送り、小顔体操や造顔マッサージを実践し顔の凝りをしっかりほぐしてあげましょう。



■お役立ちメニュー:ストレスを解消することも大切な小顔ブログ:2018-11-16

ダイエットをする時には、
適度な運動をすることが欠かせません。

消費カロリーを増やすことによって、
からだにたまっている体脂肪を落とす必要があるからです。

ところで
ダイエットするときの運動として、
大きく分けて2つのタイプがあります。

それは、有酸素運動と筋トレです。
有酸素運動と筋トレ…
できることなら両者を同時並行的にやっていった方が効果的です。

有酸素運動は脂肪を燃焼させますし、
筋トレをすることで筋肉を大きくし、
消費されるエネルギーをより大きくするからです。

有酸素運動と筋トレは、
理想的な順番というものがあるそうです。

理想的な順番は、
まず筋トレを行ってから有酸素運動を行うというパターンです。

まず筋トレを行います。
すると、筋肉は緊張しますし、
疲労物質とも呼ばれている乳酸がたまってきます。

この状態で次に有酸素運動を行うと…
有酸素運動で、筋肉をゆっくり動かすことができ、
筋トレで緊張した筋肉をほぐすことができます。

また疲労物質である乳酸がたまっていますが、
乳酸を減少させる働きが有酸素運動にはあるのです。

なので、有酸素運動でしめると、
あしたに疲労感を持ちこさなくなるみたいですよ。

そして、より継続的に運動を続けることができ、
よりダイエット効果が表れる可能性が高まるんです!

でも、以上にあげたことはあくまでも理想論。
逆の方が自分にとってはリズムがいいという人には、
無理強いをするつもりはありません。

自分にとってやりやすい運動メニューで、
ダイエットを成功させましょう!