■お役立ちメニュー:ストレスを解消することも大切な小顔

あなたが求めている美しさとはどのようなスタイルで、どのようなことを解消したいと考えていますか?
それを理解しているようでしたら、まずは骨盤ダイエットで理想のボディラインを作ってみましょう。 顔の凝りというのは、乳酸が蓄積されてしまうことになり、その結果むくみを引き起こしてしまいます。
乳酸が溜まり過ぎてしまうことで、リンパの流れが悪化し、水分の代謝も悪くなり、むくみなどトラブルに繋がることになります。

 

ストレスを溜めてしまうことで、顔の神経を使い過ぎてしまうことになり、顔が凝ってしまうケースはよくある話です。
顔の凝りというのは本人に自覚症状が見られなくても、疲れやストレスが原因となり進行していることも考えられるのでご注意ください。

 

特に激しい運動をしていないのにも関わらず、顔に疲れを感じることが頻繁にあるようでしたら警告とお考えください。
ストレスをなるべく溜めずに生活を送り、小顔体操や造顔マッサージを実践し顔の凝りをしっかりほぐしてあげましょう。



■お役立ちメニュー:ストレスを解消することも大切な小顔ブログ:2019-05-19

減量中でも
「お酒が飲みたい」とか
「お酒を飲まなきゃいけない機会」ってありますよね?

もちろん減量中は、
お酒を飲まないに越したことは無いですけど、
誘われたり、どうしても飲みたくなっちゃう時だってありますよね。
そんな時は仕方ありません、飲んじゃいましょう!

減量中のお酒は
飲んだ後が大事です!

お酒を飲んだ後って、ウエストがすきませんか?
ついつい塩ラーメンやショートケーキなんかを
バカ食いしてしまいがち…ですが、
ここが減量の成功と失敗のわかれめ!

お酒を飲んだ後って
どうしてウエストがすくのかというと…
・アルコールの食欲促進作用
・飲酒に伴う体内の糖質減少
…という2つの理由が考えられます。

糖質が減ってる上に食欲が促進されちゃえば、
そりゃあ塩ラーメンやらショートケーキが欲しくなるのは
当然ですね。

しかし、ここはグッと我慢。
一気に減量挫折コースにいかないためにも
頑張りどころなんです。

どうしても何か食べたい人は、
油分を控えた穀類などなら食べてもOK。

具体的には、
お茶漬けやおにぎりなんかだったら一杯(一個)ぐらいなら、
ボーダーラインでセーフですね。

焼肉屋さんによくあるご飯類は、
考え方によってはOKって事になりますよね。

他にも
バナナやフルーツジュースなんかも
腹持ちがいいのでアリです。

穀類やバナナなどは血糖値の上昇につながりやすく、
すぐにウエストの空腹感も落ちつくので、
減量中にはありがたいですね。

お酒を飲んだ後だけじゃなくて、
日々の食生活でも同じですよ!

減量中はお酒は飲まないのがベストですが、
飲んでしまった後は、
こうしたフォローを上手にしてみましょう!